本日は、最近あった印象的な出来事を書きたいと思います。

 

先日行われた、フィギュアスケートGPで羽生選手とエン・カン選手が

衝突・負傷し その後も競技を続け、羽生選手は見事入賞しました。

 

私は特別フィギュアスケートのファン というわけではないのですが、

羽生選手だけは、どうも気になってテレビをつけてしまうのです。

思い返せば今年のソチ五輪で、またまた特別スポーツに興味が有る

有るわけでは無いのですが、やはり五輪ということで日本人が世界の

舞台で頑張っている姿をみると応援したい気持ちで、何気なくテレビを

見ていると、フィギュアの羽生選手の演技が飛び込んできました。

フィギュアのルールなど何も知らないので、何が凄いのかもわかりません

でしたが理屈ではなく、とにかく 「キレイ」 だとお思い釘付けになったのを

今でも覚えています。

それからというもの、何かと羽生選手が出場している大会は見るようになった

のですが、歳も娘と近いせいかまるで自分の息子のような感覚で応援しながら

テレビを見ていると突然、今回の衝突シーンが飛び込んできました。

衝突直後 直ぐに起き上がれず、出血している羽生選手をみて、驚き、

心配しました。

しかし、最終的に競技続行を決め、見事入賞したことに本当に感動しました。

 

競技続行を決めた、羽生選手やエン・カン選手、また続行を許可した連盟

に対しても 様々な賛否があるとは思いますが、私個人としましては、

さらなる負傷もなく、最後まで競技を続け、さらに入賞した羽生選手に心から

”よくやった、おめでとう”と言いたいです。

そしてまた、元気な姿であの素晴らしい演技見せて欲しいと思っています。

 

遮熱・断熱塗料で人々を感動させたいと思っている

フューチャーアース研究所 岡田でした。