感染しても大丈夫…そう思ってませんか?~Save your Life, by デコロン~

実験データ

  • HOME »
  • 実験データ

【各種試験データ】-遮熱効果検証のための温度測定

遮熱塗料は色により日射反射率が大きく変わってくることは周知の事実ですが、反射率ではなく温度でどのくらい変わってくるか実際に当社の遮熱塗料(Titan Cool Hybrid)で実験してみました。

1.実施日時:2014年11月7日 10:15~14:27

2.場所:東京都内

3.外気温:19.3℃(10時から15時までの平均・気象庁データ)

4.テストした色:ホワイト、レモン、ダークグレーの3種類

5.結果は以下の通り。(左:ダークグレー、中央:レモン、右:ホワイト)

遮熱塗料・断熱塗料の色による反射率測定

この時期にしては割と天気がよかったのでやってみました。実験中の平均気温は20℃以下とあまりあがりませんでしたが、この気温でもわずか4時間足らずでこんなに差が出るものです。

遮熱塗料・断熱塗料の色による反射率測定結果1

最大差は13時24分のときで、ホワイト30.5℃、レモン34.5℃、ダークグレー46.5℃でホワイトとダークグレーの差は16℃になりました。ホワイトを基準にレモンとダークグレーの比率を見てみると次のようになります。

平均:ホワイト 1.0 ⇒レモン 1.05 ダークグレー 1.25

遮熱塗料・断熱塗料の色による反射率測定結果2

やはり効果だけを考えると濃い色は不利ですね。日本人は歴史的、文化的、実用的な背景から瓦の文化が浸透してきました。最近の一般住宅では瓦を使用することはほとんどないと思いますが、屋根は重みのある、また汚れが目立たない濃い色を使うという意識はまだまだ根強いものがあるようです。しかし、本当に少しでもエネルギーの消費を抑え、地球温暖化防止や地球環境保護を考えるなら薄い色の使用をもっと進めるべきべきだと改めて痛感しました。

【各種試験データ】

1.ブリキ板

写真のようにブリキ板を4枚用意し、

左から 無塗装のもの、一般塗料、他社の遮熱塗料、Titan Cool Hybrid を塗ったもので遮熱効果を見てみました。

温度の測定はできるだけ実態に近くなるよう表面温度ではなく、写真のように板の裏側に温度ロガーを取り付けて測定しました。

遮熱塗料比較試験データ、一般塗料、他社比較、無塗装、遮熱塗料比較試験データ、一般塗料、他社比較、無塗装、

測定結果は次のようになりました。

実験は2014年8月24日、場所は東京都内、時刻は13時30分から14時40分までです。

結果は予想通りです。この短時間の実験でも、一般塗料との比較では最大で4.5℃の差が出ています。

また、他社の遮熱塗料との比較での優位性が確認できました。

遮熱塗料温度比較グラフ、一般塗料、退社比較、無塗装、遮熱塗料遮熱効果比較表、一般塗料、退社比較、無塗装、

2.手すり(鉄パイプ)

写真のように室内でハロゲンランプを照射して表面温度を測定してみました。無塗装の手すり(右側)とTitan Cool Hybridを塗った手すり(左側)で比較してみました。

遮熱塗料、手すりでの遮熱効果試験

結果は以下の通りです。

測定開始から約1時間で19.0℃もの温度差が出ています。

遮熱塗料の効果、恐るべし!

遮熱塗料、手すりでの遮熱効果試験結果グラフ

遮熱塗料、手すりでの遮熱効果試験結果

お問合せ・お見積ご依頼はお気軽に TEL 042-322-2448 8:30~18:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP